MORE

DESIGN

ONE OUGHT TO BE TRUE TO ONESELF.

COLUMN

もうがんばらなくてもいい

“努力すること”を捉え直してみる

ちょっと極端な言いまわしのタイトルですが…今回は、Don’t think. Feelな話題です。私たちは小さな頃から「努力すること」「がんばること」が美徳であると教育されてきました。確かに、端からみると美しくみえるのかもしれません。

しかし、時代も変化してきたいま、もうその考えは卒業してもいいのかなと感じてます。努力というものを否定するわけじゃありません。その捉え方を変えてみようということです。じゃあどんな風に捉え直してみるか?

自分の本心がどこかへ行ってしまう

自分や他の誰かが「努力」「がんばる」という言葉を発するとき、そこにどんな言葉がつづいてるかよく聞いてみてください。結構な確率で、“ねばならない”や“しないといけない”という言葉がつづいてるんじゃないでしょうか。「もっとがんばら“ねばならない”」とか「これからもっと努力しないと“いけない”」といった感じで。

“ねばならない”という言葉には、自分が望んでないものが含まれていることが多いです。「こうしておいた方が◯◯するには都合が良い」と頭で考えた結果、“ねばならない”という言葉がでてくるんだと思います。本心ではないです。

私も経験してますが、本心にフタをして“ねばならない”思考がクセになると「本意ではないけど努力してる自分」に安心感を覚えるようになります。これは危険です。

自分の本心は何なのか?

「がんばる」ことをメインに据え置くんじゃなくて「本心」を自分の中心にする。自分が大切にしたいことは何か?これからどうしていきたいのか?事業主である私たちは、こういったことをイメージしていく役割も担っています。もちろん、やらねばならないことは沢山ありますが、それを放棄するって意味じゃなく、何を自分の軸にして全体のバランスをとっていくか?ということです。

私たち事業主が考えていることや発する言葉は、どんなものであれ自社のスタッフや顧客さんたちに影響を与えます。ですから、がんばってきた自分を労いつつ「本心」が何なのか自分自身の感覚を掘り下げてみる。これからの時代、こういったことが重要視されていくんじゃないかと感じています。

PROFILE

津江 祐一 / yuichi ysue

2003年にデザイン制作会社を立ち上げ、自身もデザイナーとして活動しながら会社組織を運営。その中で「自分の内面と深く向き合うこと」がビジネス成長のカギを握ることを実感。その体験をパーソナル・デザインとしてまとめ、経営者・個人事業主・フリーランスの方たちが、もっと自分らしくビジネスを楽しむことができるよう、内面から自分を整えていくお手伝いをしています。

2003年にデザイン制作会社を立ち上げ、自身もデザイナーとして活動しながら会社組織を運営。その中で「自分の内面と深く向き合うこと」がビジネス成長のカギを握ることを実感。その体験をパーソナル・デザインとしてまとめ、経営者・個人事業主・フリーランスの方たちが、もっと自分らしくビジネスを楽しむことができるよう、内面から自分を整えていくお手伝いをしています。

Copyright © MORE DESIGN All Rights Reserved.