MORE

DESIGN

ONE OUGHT TO BE TRUE TO ONESELF.

COLUMN

売上につながる集客・販促ツールの選び方

売上のどの部分を伸ばしたいのか?

弊社の別セクションでは、広告や印刷物・ウェブサイトのデザイン制作を行っています。これまで様々な業種の方たちから数多くの集客・販促ツールの制作依頼をいただきました。「新聞折込用のチラシをつくりたい」「ポスティング用のリーフレットをつくりたい」といった、ツールを指定したご依頼もありますし、どんなツールを制作すれば良いかのご相談をいただくこともあります。

どういったご依頼でも、制作物を効果のあるものにするため、どんな集客・販促ツールが一番ふさわしいかを一緒に考えていただき、そこからデザイン制作をスタートしています。今回は、私たちがデザイン制作前に大切にしてきた考え方、売上アップにつなげるための考え方をひとつお伝えしたいと思います。

それは『売上の中のどの部分を伸ばしたいのか』を決めることです。売上は「お客様の人数」×「利用回数」×「購入単価」によって構成されていますから、その中でどこを伸ばしたいのかをハッキリさせます。それによって、やるべきことが変わってきますから、まずは自分たちの売上の構造をよく観察してみることが大切です。

ふさわしいツールを選ぶ

そこから、目的に合ったツールをチョイスします。例えば「お客様の人数」を伸ばしたいのであれば、新規集客のためのチラシやウェブ媒体への広告掲載が必要かもしれませんし、「利用回数」ということであれば、ダイレクトメールを郵送し、来店を促すことが考えられるかもしれません。また、店内POPなどを有効活用することで「購入単価」がアップすることもあります。

このような目的に合ったツール選びは、限られたコストをムダにすることなく、効率良く集客・販促活動をすることができます。売上アップにつなげるための方法はこれだけではありませんが、こういった機会を利用して自社を深く掘り下げてみることで、見えてくる何かがあるかもしれません。

PROFILE

津江 祐一 / yuichi ysue

2003年にデザイン制作会社を立ち上げ、自身もデザイナーとして活動しながら会社組織を運営。その中で「自分の内面と深く向き合うこと」がビジネス成長のカギを握ることを実感。その体験をパーソナル・デザインとしてまとめ、経営者・個人事業主・フリーランスの方たちが、もっと自分らしくビジネスを楽しむことができるよう、内面から自分を整えていくお手伝いをしています。

2003年にデザイン制作会社を立ち上げ、自身もデザイナーとして活動しながら会社組織を運営。その中で「自分の内面と深く向き合うこと」がビジネス成長のカギを握ることを実感。その体験をパーソナル・デザインとしてまとめ、経営者・個人事業主・フリーランスの方たちが、もっと自分らしくビジネスを楽しむことができるよう、内面から自分を整えていくお手伝いをしています。

Copyright © MORE DESIGN All Rights Reserved.